千葉県内で行われる「看護師支援会」についてご紹介。|看護婦長語るセミナー事情-まま看護セミナー

全件数: 75  件

セミナーの概要

今回、千葉県内の鴨川アイランド病院で行われるセミナーでは、講義や実習を主としない交流がメインとなる支援会が開催されます。現役看護師や看護婦長との交流をしていき、新人看護師や現在看護業務をされていない方と、実際の現場の状況や率直な意見、想像や感想などを交し合います。20分1セットで時間を計測し、現役の看護師1人に対して3人が配置されて20分後に担当の看護師が変わっていくといったシステムで話が進んでいきます。そして内科や外科、そして精神看護科からベテランと入社2年目の人たちが1人ずつ各科より出ます。セミナーの最後には、病院から用意して頂く昼食を食べながら医院長の講話を聞いて終了となります。

 

この病院の紹介

アイランド病院では、幅広い年齢層の患者さんが通っています。小児科も扱っていますので、10歳未満の子供や80歳を越えた高齢者までと様々です。そしてここで勤める看護師たちは色んな人とコミュニケーションがとれるということで楽しくしています。

 

セミナーを受けた人の声

相内美郷

会話だけ…というのは少し物足りないような気もしていましたが、予定もなくちょうど転職先の病院を探していたところで、同日に別病院のセミナーなども開催されていませんでしたので参加してみることにしました。堅苦しくなくこの病院で働く人たちの生の声が聴けるのでとても新鮮でした。

会社名:株式会社グローバルテスニックス
代表者名:呉便 義空
メールアドレス:biomanufacturingnetwork@biomanufacturingnetwork.com

看護婦長語るセミナー事情-まま看護セミナー