千葉県で行われる「2015復職-春」についてご紹介。|看護婦長語るセミナー事情-まま看護セミナー

全件数: 75  件

セミナーの概要

看護師として働いていて、結婚や出産で一線を退き数年たってからの復職は怖くて出来ないと思われている人が多いと思います。実は私の友人も14年間のブランクがあった看護師でした。でも、昨年のセミナーに参加してくれました。本当に怖がっていました。それは当然の事だと思います。軽い気持ちで命を預かる仕事に復帰できるとは思いません。ですが、医者と看護師の数は毎年少なくなっていると言われています。毎年、看護師は学校を卒業して日本に何千人、何万人といるのですが、看護の仕事に就かない人もいます。看護師人口の底上げをする為にもセミナーを開催しています。

 

この病院の紹介

千葉松戸病院は、整形外科で有名になった病院と行っても過言ではありません。日本各所から外科医のオペを参考に学会の先生方が集まってくるほどの高評価を得ている先生が働いている病院です。

 

セミナーを受けた人の声

藤原まどか

復職をしようと最初に思ったのが7年前でした。一線を退いてから約10年が経ちました。セミナーでは抗議だけではなくて実施演習があったので本当に緊張しましたが良い経験になりました。すぐには復帰できないかも知れませんが、徐々に復職の道を歩んでいこうと思いました。

 

佐藤文子

私は、実際に戻ろうとは思っていなかったんですが、セミナーに参加して何で看護師の資格を取得したかを思い出しました。直には無理ですが秋には看護師に戻れるように頑張ります。

会社名:株式会社グローバルテスニックス
代表者名:呉便 義空
メールアドレス:biomanufacturingnetwork@biomanufacturingnetwork.com

看護婦長語るセミナー事情-まま看護セミナー