栃木県内で行われる「帯状疱疹を考える」についてご紹介。|看護婦長語るセミナー事情-まま看護セミナー

全件数: 75  件

セミナーの概要

帯状疱疹は、見た目以上に大変辛い病気です。一見、かゆみなどの症状かと思われがちなのですが、実際は強い痛みを伴います。帯状疱疹の実情について解説を行いたいと思います。

セミナーのテーマ

帯状疱疹を、決して「単なる皮膚病の一種」と片付けてはならない。

セミナーの内容

現在、帯状疱疹についてさまざまな事が分かってきました。全く別の疾病だと思われてきたものが、実は帯状疱疹が原因となっていたなど、その内容は大変興味深いものとなっております。帯状疱疹でいま分かっていることの全てをお伝えしたいと思います。

このセミナーで知っていただきたいこと

帯状疱疹は放置しておくと神経に障害が残って、長い人では10年以上も痛みが継続してしまう恐ろしい病気。早期(どんなに遅くとも3日以内)に受診していただきたいのです。

セミナーの関連情報

痛みを軽減する方法、そしてその経過についてなど、図解で詳しくお知らせしています。

参加資格

特に制限はありません。どなたでも参加可能です。

この病院の紹介

最近外装・内装ともに工事を行いまして、綺麗ですよ。総合病院ということで多くの診療科がございますが、中でも麻酔科の役割は大きいですね。

麻酔科の紹介

痛みのコントロールには、お薬も効果的に使用いたします。

セミナーを受けた人の声

川島ミリカさん

私自身が帯状疱疹で苦しんだ経験があり、もっと詳しく知りたいと思い受講。発症にいたるメカニズムを知って納得しました。

会社名:株式会社グローバルテスニックス
代表者名:呉便 義空
メールアドレス:biomanufacturingnetwork@biomanufacturingnetwork.com

看護婦長語るセミナー事情-まま看護セミナー